学部別偏差値2019

大学受験偏差値の学部(学科・専攻)別のランキングデータです。2019年のセンター試験から二次試験、ならびにセンター試験を用いない私立大学受験の参照にも、全国の国立大学・私立大学の詳細データとしてご利用いただけます。同じ大学でも学部学科別に偏差値は異なります。

*

理学系の国立大学偏差値、前期日程東日本2018

      2018/02/24

理学系の国公立大学の偏差値は以下の通りです。大学を越えて、東日本での前期日程の偏差値と、センター試験での得点率になります。

便宜上、偏差値によって並べていますが、センター試験での得点率も参考になります。

大学 学科・専攻 偏差値 センターの得点率
東京 (理科一類) 67.5 90
東京 (理科二類) 67.5 89
東京工業 (第1類) 65.0 82
東北 (理-数学系) 60.0 81
東北 (理-生物系) 60.0 81
お茶の水女子 (理-化学) 60.0 81
東北 (理-物理系) 60.0 80
北海道 (総合理系-物理重点) 60.0 76
東北 (理-地球科学系) 57.5 80
お茶の水女子 (理-物理) 57.5 80
東北 (理-化学系) 57.5 79
お茶の水女子 (理-生物) 57.5 81
筑波 (理工-物理) 57.5 78
お茶の水女子 (理-情報科学) 57.5 78
北海道 (総合理系-生物重点) 57.5 77
北海道 (総合理系-総合科学) 57.5 77
北海道 (総合理系-数学重点) 57.5 76
北海道 (総合理系-化学重点) 57.5 76
筑波 (理工-化学) 57.5 76
筑波 (生命環境-生物) 57.5 76
お茶の水女子 (理-数学) 57.5 76
横浜国立 (理工-数物-数理科学) 57.5 76
筑波 (理工-数学) 57.5 74
千葉 (理-数学・情報数理) 57.5 74
千葉 (理-生物) 57.5 74
千葉 (理-物理) 57.5 73
千葉 (理-化学) 57.5 72
筑波 (生命環境-地球) 55.0 78
横浜国立 (理工-数物-物理工学) 55.0 74
横浜市立 (国際総合-理学系B方式) 55.0 75
信州 (理-理-生物学) 74
埼玉 (理-基礎化学) 55.0 73
埼玉 (理-分子生物) 55.0 73
埼玉 (理-生体制御) 73
首都大学東京 (理-物理) 55.0 73
埼玉 (理-数学) 55.0 72
首都大学東京 (理-数理科学) 55.0 71
首都大学東京 (理-化学) 55.0 71
首都大学東京 (理-生命科学) 55.0 70
横浜国立 (理工-化学-化学・化学応用) 55.0 76
大学 学科・専攻 偏差値 センターの得点率
千葉 (理-地球科学) 52.5 74
横浜市立 (国際総合-理学系A方式) 52.5 74
信州 (理-理-物理学) 52.5 70
信州 (理-理-地球学) 69
信州 (理-理-化学) 52.5 68
山形 (理-理(生物学分野)) 52.5 60
埼玉 (理-物理) 52.5 72
茨城 (理-理-生物科学) 50.0 67
茨城 (理-理-化学) 50.0 66
新潟 (理-理B) 50.0 66
山形 (理-理(化学分野)) 50.0 63
信州 (理-数学) 50.0 66
弘前 (理工-数物科学(数学選択)) 50.0 62
新潟 (理-理C) 50.0 62
茨城 (理-理-学際理学) 50.0 65
茨城 (理-理-数学・情報数理) 47.5 64
茨城 (理-理-地球環境科学) 47.5 63
新潟 (理-理A) 47.5 63
秋田 (理工-生命科学a) 47.5 62
山形 (理-理(数学分野)) 47.5 62
山形 (理-理(物理学分野)) 47.5 62
福島 (人文社会-人間-数理科学) 47.5 62
茨城 (理-理-物理学) 47.5 66
信州 (理-理-物質循環学) 62
秋田 (理工-数理-数理科学a) 47.5 61
群馬 (理工-フレ-総合理工) 47.5 61
弘前 (理工-数物科学(数学・理科選択)) 45.0 62
弘前 (理工-物質創成化学) 45.0 62
岩手 (理工-化学-生命) 45.0 60
山形 (理-理(地球科学分野)) 60
弘前 (理工-地球環境防災) 45.0 59
岩手 (理工-化学-化学) 42.5 59
(理工-物理-数理・物理) 42.5 59

こちらに後期日程の偏差値は含まれていません。大学別の学部・学科別の偏差値は各々、サイトマップからご覧ください。

理学系の国公立大学の偏差値の西日本分は理学系の国立大学偏差値、前期日程西日本2018から。

 - 国立大学(全国)の学部別偏差値、前期日程 ,